2018年3月13日更新               




2016年度 第45回全国大会 研究発表・シンポジウム
ハンドアウト・発表音声



こちらで2016年度大会のハンドアウトをご覧いただきながら、発表音声をお聞きいただけます。

ハンドアウトをご覧になるには、発表者名をクリックし、パスワードを入力してください。

発表音声をお聞きいただく場合は、のボタンをクリックし、パスワードを入力してください。



第1日目 研究発表

第1会場

星 隆弘
 (文教大学)
『冬物語』における「眼」の盲信と不信について 


堀江 智子 (防衛大学校)
Shakespeareにおける語と主題―surviveを例に―  


神山 高行 (東海大学福岡短期大学)
『ヘンリー五世』における戦争観―王権と国民―
 



第2会場

川野 礼音 (東海大学大学院生)
森鷗外訳『サロメ』の翻訳考察 


花光 里香 (早稲田大学)
アレン・セイが描く異文化:多文化教育の可能性
 


横田 肇 (道都大学)
<夢>の諸相:人称と表現 



第3会場

名和 俊彦 (関西学院大学)
for exampleとsuch asの例示機能と文体的特徴 


永井 正司 (名古屋工業大学)
英語における理由・目的を表す表現について
 


福島 一人 (文教大学)
日本の観光地に見られる英語案内板:包括的説明 





第2日目 研究発表

第1会場

関田 誠 (東海大学)
子供の初期英語表現の非階層性―進化の視点から― 


中井 文子 (東洋大学)
Effects of Peer Review in Writing Class for Confucian Heritage Cultural Students 


笹川 浩 (中央大学)
水本 孝二 (日本大学)
「読み」の実践と可能性―英文学と英語学の視点― 

Part 1 
Part 2 



第2会場

多田羅 平 (広島大学大学院生)
英語シノニム研究―remainstay 


一條 祐哉 (日本大学)
空間的拡張を表す命題の事象性 


百武 玉恵 (九州ルーテル学院大学)
分離不定詞に現れる否定辞の考察 


西原 俊明 (長崎大学)
補文標識thatの生起について 




第3会場

村松 直子 (日本大学)
学習動機と自己効力感を高める英語発音指導 


藤井 美代子 (東海大学)
ポー作品における発声とその喪失の意味 


山田 茂 (早稲田大学)
英語リズム、ストレス、イントネーション指導 




第2日目 シンポジウム


英語表現における音声の役割


湯舟 英一 (東洋大学)


大和田 和治 (東京音楽大学)


小川 直樹Heart-to-Heart Communications


吉田 雅之 (早稲田大学)


シンポジウム音声>

01(湯舟)

02(大和田)

03(小川)

04(吉田)